福祉団体にてSCB理論の研修を実施しました

社会福祉法人熊本市社会福祉事業団にて地域貢献活動推進に関する研修を実施しました。

地域課題に対して地域のさまざまな主体が連携して解決を図らなければなりませんが、連携する手法については模索が続いているのが現状です。SCB理論を用いることで事業団をはじめとする福祉サービスやサービスの担い手が福祉資源(ピア)となり、ピア同士のつながりの力で地域課題解決に取り組む仕組みを座学とワークショップで学んでもらいました。

今後も社会福祉法人熊本市社会福祉事業団の地域貢献活動に関し、SCB理論の適用手法等の助言や支援を継続していきます。


印刷