• 090-9602-2967

Topic

Keisui Kids Townが開催

2021年7月17日(土)に熊本市南区の恵水幼稚園Keisui Kids Townが開催されます。

このイベントはSCB理論を用いて幼稚園と企業、行政、地域団体といった様々な地域資源がブローカレスにつながることによって実現したものです。

「未来の幼稚園」というビジョンを掲げる恵水幼稚園では、イノベーションを起こせる人材を育成するために、SDGsの学び、社会課題解決の方策としてのテクノロジーの学び、ともに活動する仲間とつながるためのコミュニケーションの学びを日常的に推進しています。

今回のイベントは、恵水幼稚園のビジョンに賛同した企業、行政のサポートの下、園児たちが日ごろの学びの成果を発揮する機会となっていて、例えば、和菓子作りをした園児が、働いてもらった給料を払って美容師(園児)にヘアセットをしてもらい、その足で廃油回収にいき地球環境について考える・・・そんなローカルでグローバルな学びと体験を実現するものとなっています。

このイベントをはじめとする恵水幼稚園のユニークな取り組みは各所から評価されており、とりわけ高い評価を与えたOMEP(世界幼児教育・保育機構)日本委員会の推薦により、来年開催されるギリシャでの国際学会において子どもの表現した絵画を通して発表されることが決まっています(CRC project)。

SCBラボとしても、引き続き、恵水幼稚園の取り組みを学術的に支援し、熊本のキッズイノベーター育成に寄与して参ります。


 

Keisui Kids Town プレスリリース

210717KeisuiKidsTown 01


 

地域の企業や、行政、団体が集結して、子どもたちとグローカルに考える一日を創り上げます。

210717KeisuiKidsTown 02

 


 

子どもたちは、20の体験を通じて、多くのことを学び、おしえ合います。(サービスの利用者がサービス提供者の役割を担うSCB理論のサーバントが導入されています。)

210717KeisuiKidsTown 03

 

 


 

金融機関の協力のもと、地域通貨を発行し、子どもたちが価値の交換、流通をまなびます。

 

210717KeisuiKidsTown 04

 


 

給料一覧表と体験料一覧表を突き合わせて、子どもたちは自らお金の使い方を考え、使った分だけ働きます。

210717KeisuiKidsTown 05

 

 


 

OMEP(世界幼児教育・保育機構)日本委員会から推薦され国際大会で報告される恵水幼稚園の取り組み(2020年6月)

OMEP Application JP ENG 01

 

OMEP Application JP ENG 02

OMEP Application JP ENG 03

 

OMEP Application JP ENG 04

 

OMEP Application JP ENG 05

Facebook Page

Access

〒860-0082 熊本県熊本市西区池田4丁目22−1

連絡先:崇城大学情報学部情報学科 内藤研究室
TEL 090-9602-2967