内村理事が学会で招待講演

内村安里理事が2019年11月14日に「地域プロスポーツクラブの可能性」と題して学会での招待講演を行いました。

 DSC 0134

(学会名) 第11回 映像情報メディア学会スポーツ情報処理時限研究会(SIP)・映像情報メディア学会 メディア工学研究会(ME)2019年度11月研究会合同研究会 https://porto.giti.waseda.ac.jp/

 DSC 0138

内村理事は多くのプロスポーツチームが大企業のスポンサーによってトップダウン型・中央集権型で運営されていることを紹介し、資源に乏しい地域において同様のアプローチは困難であると指摘しました。

そして、地域におけるプロスポーツ産業の持続化のために、地域コミュニティブランド(SCB理論)を用いて、様々な地域プロスポーツチームやファン、企業、行政などが横断的に連繋しボトムアップ型・非中央集権型の特徴を持つプロスポーツプラットフォームを構築することを提案しました。

SCBラボとしましてもプロスポーツプラットフォーム構築支援に取り組んでまいります。

内村理事のプレゼン資料はこちら

pdf地域プロスポーツクラブの可能性(プレゼンPDF資料)12.85 MB


印刷