高校生向けイノベーション講義が人気

SCB理論を用いたイノベーション創発手法を学びたいと、熊本県内高校からの講義依頼が相次いでいます。
星合所長が、12月初旬の1週間で、3つの高校の400人を超える高校生に対してイノベーション創発の講義を行いました。
 
講義を受けることで、高校生らは新たな価値観(イノベーション)の創出のためには主体的な学び(探求型学習)が重要であることに気付いたようです。
 
12月2日 熊本県立熊本西高校
collage_201202nishiko.jpg
12月6日 熊本県立阿蘇中央高校
collage_201206ASO.jpg
 
12月7日 ルーテル学院高校
collage_201207luthel.jpg

印刷